HuluをTVで見るには?AmazonのFire TVでは見れる?

Huluは、月額料金のみ、追加課金なしで安心して見られる動画配信サービス。

 

このサービスではリアルタイム配信なんかも見られるし、テレビの大画面で見たくなりますよね。

そこで今回は、Huluをテレビで見る方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

Huluをテレビで見るには?

Huluをテレビで見る方法はいろいろあります。
※いずれもインターネット環境が必要です。

 

対応テレビ

まずは、TV本体。

 

 

ソニー、パナソニック、シャープで販売しているAndroid TV搭載モデル等、Huluアプリ対応機器。

ソニーのブラビア、シャープのアクオス、パナソニックのビエラなど。

こうした対応テレビをお持ちなら、他の機器がなくても視聴可能となります。

 

対応テレビでない場合

対応テレビならそれだけで視聴可能ですが、そうでない場合は、以下の方法があります。

 

・ソニーまたはパナソニックの、ブルーレイレコーダーまたはプレーヤー

 

 

テレビがHuluアプリ非対応かつインターネットにつながっていなくても、ブルーレイレコーダーなど、Huluアプリ対応の機器があれば、テレビに接続して視聴可能となります。

 

セットトップボックス等

対応テレビも、対応ブルーレコーダーもないよ、という場合は、以下の機器のいずれかがあれば視聴できます。

ただし、HDMI端子付きのテレビであることが条件となります。
テレビがインターネットにつながっている必要はありません。

 

・Amazon Fire TV、Amazon Fire TV Stick
・Chromecast
・Apple TV
・Nexus Player
・Air Stick
・AQUOSココロビジョンプレーヤー

 

これらはテレビのHDMI端子に接続することで、Huluアプリを利用できるようになります。

有線LANでつなげるタイプもありますが、無線LANのみ対応のものもあります。

この中では、AmazonのFire TV Stickが一番コスパが良く、使い勝手も良いです。
お値段的にはFire TV StickとChromecastが同じくらい、その他はいずれも1万円程度からそれ以上の価格となります。

 

【関連記事】

>>>動画配信サービスとインターネット、Wi-Fiとは?初心者の方向けにわかりやすく解説!

 

スポンサーリンク

AmazonのFire TVでHulu = コスパ良し

我が家では、AmazonのFire TV Stickを使っています。

これは5,000円以内で購入でき、他の動画配信サービスなど多くのアプリに対応しているので、汎用性が高く、コスパがとても良いです。
Amazonのタイムセール祭りなんかでお安くなるときが狙い目です。

 

Chromecastも同じくらいの価格で購入できるモデルがありますが、単体では機能せず、スマホなどの機器がないと何もできません。

 

対してFire TV Stickは、付属のリモコンで操作が可能、単体でいつでもテレビでの動画視聴が可能となります。

これはFire TV Stickの音声認識付リモコン↓

ただ、この低価格のFire TV StickやChromecastにはWi-Fi環境必須です。

 

有線でつなぎたいときは、上位モデルのFire TVやChromecast Ultraを購入して、LANケーブルでつなぎましょう。

 

AmazonのFire TVもHuluもHD対応、テレビがHD対応であれば、ちゃんと美しい画像で視聴できますよ♪

テレビで見れると、今度は録画はできないの?という疑問が出てくるかと思います。

Huluの録画やダウンロードについてはこちらの記事をご参考にどうぞ。

【関連記事】
>>>Huluはダウンロードや録画できる?再生時の注意点はここ!

 

スポンサーリンク

さいごに

Huluはテレビで見る方法もいくつかあって便利です。
あなたに合った方法で、いつでも見放題を楽しめるといいですね♪

 

Huluはドラマが豊富。面白い番組も豊富なので、ついつい次のストーリーが気になって、どんどん視聴してしまいます。

エピソードが多いドラマなんて大変。

うっかり夜更かし、寝不足にならないように、ほどほどにいたしましょう^^

 

【関連記事】

 

>>>Huluはダウンロードや録画できる?再生時の注意点はここ!

>>>Huluの申込方法 2週間無料でお試し!タイミングはいつがいい?

>>>Huluの料金、月々いくら?都度課金の動画もあるの?

 

 

Originally posted 2018-05-05 07:19:51.

コメント